「岡山県の会陽の習俗」映像記録(普及版・記録版)の刊行について

 このたび、岡山県文化財保護協会では、「岡山県の会陽の習俗」映像記録(普及版・記録版)を発行いたしましたので、次のとおりお知らせいたします。



1 内容

  

 岡山県には、会陽(えよう)と呼ばれる行事が伝承されています。厳寒の中、宝木を奪い合う行事で、その宝木(しんぎ)を得たものは福を授かると信じられており、現在も西大寺観音院(岡山市)など県内各地の寺社で行われています。

 岡山県教育委員会では、この「岡山県の会陽の習俗」について、平成1718年度に総合調査を、平成1921年度に映像記録の作成を行いました。

  この作品は、その映像記録として撮影した「岡山県の会陽の習俗」を普及版として編集したもので、会陽の歴史や内容を、貴重な文化財をまじえ、わかりやすく紹介しています。

honosi


2 概 略

 (一)会陽とは   宝木、修正会(しゅしょうえ)などの説明

 (二)会陽の歴史  会陽のはじまり、変遷

 (三)行事の概要  西大寺会陽を中心とした会陽行事の解説

 (四)地域と会陽  会陽に関する習俗、会陽を支える人々の紹介


3 頒布について

定価

刊行物

内容

価格(会員割引あり)

普及版

会陽の歴史や内容を、貴重な文化財をまじえ、分かりやすく紹介しています。(30分)

1,500円

記録版

県内で実施されている会陽の行事を個別に収録しています。(各巻120分)

 

第一巻

金山寺会陽(42分) 松林寺子供(30分) 木山寺会陽(25分)

顕密寺会陽(23分)

2,500円

 

第二巻

西大寺会陽(95分) 無量寿院会陽(18分) 弘法寺会陽(7分)

2,500円

 

第三巻

安養寺会陽(30分) 道通宮子供会陽[沖田神社](53分)

神田稲荷神社会陽(25分) 宝寿寺会陽(12分)

2,500円

販売場所

県庁内文化財課、県立博物館
郵送希望の方は、葉書又はFAXで下記あてお申込み下さい。代金は郵便振替でお支払い下さい。

申込先

7008570 (住所不要)
岡山県教育庁文化財課内 岡山県文化財保護協会
FAX
 0862245591
問い合わせп@0862267601 

申込書はこちら

eyouhyousi