岡山県文化財保護協会とは

 岡山県は文化財の宝庫といわれています。文化財は先人たちが残した貴重な遺産であり、
我々は次世代へ継承する責務を負っています。
 それらの文化財は、郷土岡山県の歴史と文化の足跡を理解すると同時に、
訪れ見るものに心の安らぎを与え、心をいやしてくれるものでもあります。
 岡山県文化財保護協会は、貴重な文化財保護、顕彰および活用に努めるとともに、
会員の皆様の相互の研究と鑑賞の便宜を図り、
もって県民の文化的向上を目的に昭和38年に設立されました。

岡山県文化財保護協会概要(H22.4現在)

・設立

昭和38年5月22日

・法的根拠

任意団体

・住所

岡山市北区内山下2−4−6(岡山県文化財課内)

・会員

一般 192人  団体27団体  特別 6

・役員構成  

会長1、副会長2、常任理事1、理事10、監事2

・事業内容

・文化財だより(年2回発行)
・文化財再発見事業(年2回実施)
・文化財めぐり(年1回実施)
・文化財保護協会賞の表彰(年1回実施)
・報告書出版事業(随時) 他

                                            問い合わせ/TEL:086−226−7601

                                                    email:bunka@pref.okayama.lg.jp